肩こりや首こりなと頸椎症状にもロキソニンが効きます

日本で一番売れているのではないかと思う薬です。

ロキソニンは処方でも市販薬としても購入出来ます。

痛みから解熱まで幅広く使えて効きも良いので重宝しています。

私は頸椎症状から肩こりや首の痛み、背中のはりや重い感じが慢性的にあります。

天気が崩れる前に症状が悪化することが多く、その時に頓服としてロキソニンを使用しています。

内服すると30分ほどで効いてきて頭痛などはかなり改善します。

ただ、あまり頼ってしまって乱用してしまうと、胃に負担のかかるお薬なので胃が荒れてしまうことがあります。

気持ち悪さや胃痛が出たら頻度を減らす必要があります。

また、胃薬と併用したり、食後に内服するようにするなとの対策が必要です。

他にも、長期的に1日に2回も3回もロキソニンを内服していると、腎機能が低下することがあります。

一度悪くなってしまうとなかなか厄介な腎臓ですが、ロキソニンをやめてもその機能は改善しません。

若いうちは症状もないし、腎臓の機能もそこそこ維持されますが長期的に乱用した事で、高齢になった頃に透析が必要、なんてことにならないようにしたいものです。

ジェネリックもあり、手に入りやすいのも良いですが、使い方に気をつけて上手に付き合っていきたいお薬です。

よく読まれてるサイト⇒くすりエクスプレス