畳の下の収納は、結局使う機会が少なく、作業も面倒であった。

リビングに物を置きたくない・さっぱりとした空間にしたいと思い、1階に収納を増やす目的で畳の下を収納にしました。

半畳ずつ外せる畳で、収納を開けるときは、畳を半畳ずつどかして、その下にある扉をあけて収納できる仕組みになっています。

その時は、1段上がった畳の空間がおしゃれだと思い取り入れましたが、結局畳の上にも子供のおもちゃや机等家具を配置しているので、それをどかさないと畳の下に収納が出来ません。

その物をどかして、収納して、また家具を戻して・・という作業がとても面倒です。

本当は布団を収納したかったのですが、来客が来るたびにその作業をするのが大変で、結局2階に収納したりしています。

年に1回使うか使わないかみたいなベビーベッド等は収納できますが、その程度のものしか収納できません。

今考えると、畳のスペースをもう少し小さくして、その分リビングに余裕を持てればよかったと思っています。

畳自体はどうしても取り入れたかったので、良いのですが、やはり思い布団などを持って階段を昇降するのは体力がいるので、違った収納場所を1階に作る・納戸を広くするなどすれば良かったと感じています。

収納目的で畳の下収納を作るのはいいですが、大きさと使用頻度を考えて作るべきです。

おすすめ⇒新築 失敗 ブログ